アマゾン転売 基本編

【古本せどり】どうしてAmazonで販売するの?

どうも!

 

SKです。

 

 

僕が基本的に販路として使っているのは

Amazonですが、

 

例えば販売するプラットフォームは

沢山あります。

 

Amazon

ヤフオク

メルカリ

 

などなど、古本を販売することができますが、

各販路ごとに手数料が変わります。

 

 

 

なんだったら手数料をかけずに

販売することも可能です。

 

 

 

例えば

 

 

リアル店舗を持って販売することもできますし

自分でネットショップを立ち上げて販売することも

出来ますよね。

 

 

しかし、手数料をかけてまで

Amazonなどで販売するにはちゃんと理由があります。

 

 

 

それは集客力強さ販売のためのシステム

揃っているからです。

 

 

 

ブログやサイトを立ち上げたことがある人ならば

身に覚えがあると思いますが、なかなか人が集まるサイトを

作るのは大変です。

 

 

 

古本屋を経営するには設備投資も必要ですよね。

 

 

 

 

気軽にせどりを楽しみたい人には向いていないので

ここは省いておきましょう。

 

 

そうなるとAmazon、メルカリ、ヤフオク

どこで販売したらいいのか?

 

各販路ごとの違いを見ていきましょう。

 

【古本せどり】Amazon販売の場合

 

 

Amazonで商品(ここでは古本を例にします)を販売すると

 

手数料は15%

カテゴリー成約料80円

(ジャンルによって変わります。)

 

 

 

ほどかかってきます。

(正直高いですよね)

 

 

 

更に

大口出品者小口出品者などプランを選ぶことができます。

 

大口出品者にはオプションがありますが、

ここでは価格のみで比較していきましょう。

 

 

 

大口出品

月額4900円

 

 

 

 

小口出品

月額0円

一個商品が売れるごとに100円の手数料が

発生します。

 

 

 

 

これを見ていくと

月に50個以上販売できるのであれば

大口出品の方がお得です。

 

【古本せどり】メルカリ販売の場合

 

商品一個売れると10%の手数料がかかります。

 

 

【古本せどり】ヤフオク販売の場合

 

ヤフープレミアム会員費として

月額498円

一個販売すると8.64%の手数料がかかります。

 

それぞれ金額が変わってきます。

 

 

 

【古本せどり】Amazonで販売する理由

 

 

なぜ手数料の高いAmazonを使うことが多いか

 

 

その理由の一つが

 

出品の手間がかからないところです。

 

 

 

Amazonの販売スタイルは

一つのカタログに対して出品者が

相乗りして商品を出品していくという形をとります。

 

 

メルカリやヤフオクは

商品のページを作らないといけないですよね。

 

 

 

つまり写真を撮らないといけないので

多種多様な商品のある古本を出品するので

あればAmazonは写真を撮らなくてもうれるので

手間がかからなくなってきます。

(写真を載せることもできます。)

 

 

 

単純にいうと少ない時間で沢山商品を販売出来た方が

利益が沢山とれますよね。

 

 

 

なのでAmazonのシステムは非常に優れていると

言えます。

 

 

【古本せどり】仕入れ判断

 

 

また商品を販売するにあたり

 

その商品の

 

相場がいくらなのか?

需要がどれくらいあるのか?

 

 

 

確認してから仕入れないと

商品売れず不良在庫になってしまいますよね。

 

 

 

Amazonの場合はモノレートという

サイトを使って過去の販売履歴をみることができます。

モノレート

 

 

メルカリやヤフオクは過去の販売履歴から見ていきます。

 

 

メルカリの検索窓に商品の名前を入れて

検索すると過去の販売履歴を見ることができます。

 

 

 

注意:出品者が出品履歴を消している場合もあります。

 

 

 

 

ヤフオクも同様に過去落札相場を見ることができます。

 

 

 

慣れもありますが、この3つを見ると

過去の販売履歴が一番見やすいのはAmazonです。

 

 

 

 

仕入れ判断がしやすいということは

・仕入れのミスをしにくい

・仕入れの判断の時間が短縮できる

 

 

 

 

こういった理由で僕はAmazonを使っています。

 

 

【古本せどり】Amazon以外を使うのであれば

 

 

例えば

古本せどりのような多種多様な商品を扱うのではなく

 

同じ商品だけを何度も売るのであれば

一枚の写真を使いまわすこともできるので

メルカリやヤフオクもアリだと思います。

 

 

またAmazonにカタログが存在しないもの

販売する際もヤフオクやメルカリで販売

することができるので、自分のスタイルに

合わせて販売していくことをオススメします。

 

 

 

 

本気でせどりやってみたい方!

ライン@でご連絡ください。

 

登録特典として

メルカリ仕入れで使える

自動仕入れマニュアル

高利益率リピートリスト

プレゼント中!

関連記事

  1. アマゾン転売 基本編

    【古本せどり】返品対応

    どうも!SKです。せどりでをやって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ライン@登録で 古本せどりスタートアップマニュアルプレゼント!

最近の記事

  1. 未分類

    ブックオフせどり ライバルの見ていない激熱の商品を時短で探す2つのポイント
  2. 未分類

    可能性を潰されるネガティブ感情
  3. 未分類

    古本せどりとゲームせどりの違い
  4. 未分類

    数年前鉄板の商品、今は?
  5. せどり

    中古せどり、新品せどりどちらがいいの?
PAGE TOP